モイストアイが買える通販サイト比較の関連情報

HOMEドライアイ対策

最終更新日:2017/12/20

ドライアイ対策

手のひらに乗せられたコンタクトレンズ

ほとんどの生物にとって重要器官である「眼」ですが、もちろん人間も例外ではありません。現代人は視力補正やファッション目的でコンタクトレンズを装着する人が増えており、その代償として常に眼球に関わる健康リスクを常にはらんでいる状況となっているのです。中でもコンタクト利用者で気を付けておきたいのがドライアイです。ドライアイというのは、長時間のパソコン利用、エアコンの空調、コンタクトレンズによる酸素不足などが原因で起こる眼の乾燥状態です。
ドライアイ自体の定義ですが、軽度な症状から深刻な疾患まで幅広く当てはまります。共通しているのは眼の水分不足です。ドライアイは目が乾燥している不健康な状態であり、きちんとケアを行っておかないと乾性角結膜炎や涙液減少などに発展してしまうので注意が必要です。
ドライアイを防ぐ方法はいくつかあります。パソコンをよく使うコンタクトユーザーは、パソコン画面が目より下になるようにしておきましょう。パソコンモニターの角度が目線より上になってしまうと、どうしても目を大きく開いてしまいがちとなり、眼の水分蒸発が助長されてしまう事となるからです。同時に瞬き回数も減少していますので、長時間のデスクワークなどの際は意識的に瞬きをやっていくのも乾燥を防ぐコツと覚えておきましょう。
ドライアイは単純に湿度の低さも影響しますので、エアコンの風量設定も調節するのが予防方法の一つになります。強い風量設定は眼の乾燥をダイレクトに早めてしまいます。加湿器を使って部屋の湿度を一定以上保つ事もドライアイ対策に効果的だと言えるでしょう。もちろん、眼の潤いを直接補充してくれる目薬も実用性充分となります。目薬は信頼できる眼科医が処方してくれるものがオススメですが、ロート製薬など一流製薬メーカーの商品も信頼できます。乾燥しがちな会社で働いている方は、必ず目薬を常備しておくようにしましょう。
他にもいくつかドライアイ対策は存在していますが、やはりコンタクトユーザーにとっては酸素透過率と水分含有量の高いレンズを装着するのが一番効果的となります。ロートモイストアイシリーズなど、最新のコンタクトレンズではドライアイ対策も考慮されているので、目の乾燥に悩むコンタクトユーザーはこういったタイプを選択してみるのも堅実な対策方法となります。一生使い続ける大事な「眼」ですので、コンタクト利用者はドライアイ対策をおろそかにしないよう心掛けておきましょう。

一覧はこちら

モイストアイが買える通販サイト比較のランキング

TOP