モイストアイが買える通販サイト比較の関連情報

HOME2weekとワンデーの違い

最終更新日:2017/12/20

2weekとワンデーの違い

男性とコンタクトレンズ

現代の使い捨てコンタクトレンズにおいて主流となっているのが、「2week」と「ワンデー」という2種類のレンズタイプになります。人気のロートモイストアイにも2weekとワンデータイプはあり、ライフスタイルや経済状況などに合わせて都合良いタイプを選択する事ができるのです。
2weekとワンデーの違いですが、名前通り装着サイクルの差というのが顕著な違いになります。2weekはその名の通り、2週間使い続けれる使い捨てコンタクトで、毎日のメンテナンスが小まめにできる人に向いているタイプと言えるでしょう。2週間使い続けた後は次の新しいレンズに交換できる事からも、衛生面と使い勝手を兼ね備えた種類となります。モイストアイの2weekコンタクトも人気商品であり、特に50歳以上の中高年ユーザーに向けて作られた製品などは、使いやすく目に優しいとミドルエイジから評価が高いです。もちろんロートモイストアイならではの高い酸素透過率のおかげで、使い勝手の良さだけでなくドライアイや眼精疲労の予防なども期待できる優秀なレンズです。年齢による眼の衰えを感じ始めた中高年者は、モイストアイの2weekコンタクトを使ってみる事をオススメします。
そしてワンデータイプのコンタクトですが、こちらは一日使い切りが基本サイクルとなります。短いスパンで新品のレンズを交換し続けるので、レンズ劣化による各種問題はまず起こりません。万が一のレンズ破損があったとしても、一枚当たりのコストが低いので、経済的な損失は最低限に抑えれるのもワンデーならではのメリットと言えるでしょう。半面、長期的に使い続ける場合、一か月の費用面において2weekよりも2~3倍ほどコストがかかってしまいます。その分、2weekのように毎日のレンズ洗浄といったメンテナンスの煩わしさはありませんので、仕事や生活が忙しい人に向いているタイプだと言えるでしょう。
このように2weekもワンデーも、その良し悪しは一長一短となっています。一流ブランドであるロートモイストアイシリーズなどであれば、レンズの品質そのものに関してはどちらも高いレベルとなっているでしょう。スポーツや手軽さを重視するならワンデータイプ、長期的なコストパフォーマンスを考えるなら2weekタイプがオススメとなります。自分のライフスタイルや経済状況に合わせて、使い勝手の良いレンズを選択するようにしてみて下さい。

一覧はこちら

モイストアイが買える通販サイト比較のランキング

TOP