頑丈な紙袋に入れて届けるバイクパーツ

宅配会社に勤めている私は、以前とても頑丈な紙袋に入れられた配達物を担当したことがありました。それは、見た目にはとても小さいものの、段ボール紙で作られていて、防水加工がなされている上に、ガムテープで固定されていて、一体何が入っているのだろうと疑問に感じてしまいました。そこで、届け人を見てみると、バイク用品店からのもので、割れ物と書かれていたのです。それを見た私は、きっとバイクパーツのミラーであることがわかりました。それならば、小さくても納得することができたからでした。そのバイク用品店は、インターネットの通販サイトだったため、パソコンから購入したんだろうなと思いました。そうして私は、お客様の元へその頑丈な紙袋を配達しに行ったのです。しかしここで、私は大きなミスを犯してしまいました。それは、途中でこの紙袋を落としてしまったということでした。私はそのとき、バイクで宅配に出ていたのですが、このお客様のご自宅はマンションだったため、バイクを下りて部屋まで届けに行く必要があったのです。そのため、バイクをマンション前に止めて、エレベータで部屋まで上がることにしました。そうして荷物を降ろしていたところ、その紙袋がぽとりと下に落ちてしまったのでした。私は、割れ物であることをわかっていただけに、中身が心配でなりませんでした。もし少しでも傷が入っていれば、弁償しなければなりません。また、弁償だけで済めばまだいいものの、信用を失って、この先利用していただくことができなくなる可能性まであるのです。私はそのとき、大きなミスを犯してしまったことにとても反省をしました。そうして私は、お客様にこの事実を話し、一緒に中身の確認をすることにしたのでした。幸い、お客様は自宅にいらっしゃったため、目の前でこの頑丈な紙袋をあけてくださいました。中に入っていたのは、想像通りのバイクミラーでした。そしてそのミラーをよくよく確認してみたところ、何の傷も入っていなかったのです。これには、本当に安心することができました。また、お客様も私が正直に話したことで、そのミスも許していただくことができたのです。このバイクパーツが頑丈な紙袋に入れられていたことが、不幸中の幸いでした。こうして私は1件の配達を終え、ほっと一息つくことができました。これからも、この配達の仕事に責任を持って、絶対ミスのないように務めていきたいと思っています。